【画像】吉川晃司の眼帯の理由は?役作りではなく病気?

当ページのリンクには広告が含まれています。

俳優や歌手として活躍されている吉川晃司(きっかわこうじ)さん。

2023年7月頃から眼帯をされていることが話題になっていました。

病気の心配や役作りなども考えられますが、どうして眼帯をするようになったのでしょうか?

この記事では、吉川晃司さんが眼帯をしている理由について調べてみました。

目次

【画像】吉川晃司の眼帯で話題の理由は?

2023年7月9日に放送された「日曜日の初耳学」に吉川晃司さんがゲストとして出演されていました。

ただ、なぜか左目に眼帯をしている姿で登場されています。

これまで何か病気などのウワサがなかっただけに心配されている方も多くいらっしゃいました。

世間の反応を見てみると、眼帯をしている姿が「かっこいい!」ということで話題になっていました。

気になる眼帯の件に関しては、番組でも触れており「急に腫れた」ということを話しています。

吉川晃司の眼帯の理由は急にだった

吉川晃司さんなんですが、この番組の中で「急に腫れて、眼科に見てもらって電車できた」ということを話していました。

どうやら急に目が腫れてしまったようで、詳細については何だったのかは語られていませんでした。

急に目が腫れるということに関してはいくつか病気の可能性があります。

  • アレルギー性結膜炎(けつまくえん)
  • ものもらい
  • はやり目
  • 眼瞼縁炎(がんけんえんえん)

などですね。

花粉症などのアレルギーによって目が腫れることがある結膜炎に関しては、おそらく季節や時期的に考えて可能性が低いのかなと思います
ものもらいに関しては、汗線や皮脂腺による細菌感染なので、夏で汗をかいて腫れてしまったと考えると可能性は十分あります。
アデノウイルスという感染症で「はやり目」とよばれる症状で大量の目ヤニが出たり目が赤くなる場合があるのでこちらも十分考えられます。
まつげの生え際が炎症がおきる症状で65歳以上がよく掛かると言われています。吉川晃司さんは57歳なのでありえなくはないですね

おそらくなんですが、ドラマの撮影やコンサートなどで、汗をかいたりした際に細菌による感染で赤くなったという感じではないかと考えられます。

急に腫れたということで詳しくは医師ではないとわからないのですが、病気でいうとものもらいの可能性が高いのかなあと思いました。

吉川晃司の眼帯は役作りではない

吉川晃司さんは、2023年7月放送のドラマ「トリリオンゲーム」に祁答院一輝(けどういん かずき)という役で登場します。

この役では眼帯ではなくサングラスが印象的なキャラクターであるため、役作りのために眼帯をしているわけではないことがわかります。

番組「日曜日の初耳学」で話していたように、急に腫れたということなので病気や感染症で間違いないでしょう。

ただ、今後ドラマの撮影などで影響が出てくる可能性もあるので心配ですね。

コメント

コメントする

目次