太陽フレアのオーロラが見れる場所はどこ?地方毎の目撃情報まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。

2024年5月11日頃から北海道を中心にオーロラが観測できるという情報が話題になっていました。

太陽フレアという太陽で起きている爆発現象が原因のようで、紫色のオーロラが観測できるようです。

  • どこでオーロラが観測できるのか?
  • 北海道以外でも観測できるのか?

この記事では、太陽フレアによるオーロラ観測の目撃情報についてまとめてみました。

目次

太陽フレアでオーロラが観測できる理由

まず、太陽フレアによってオーロラが観測できるのは太陽風という太陽から地球に向かって吹いている風のようなものが関係しているようです。

太陽風に乗って電子と陽子が飛んできているようで、それが地球の磁力に引っ張られて酸素と窒素を刺激してオーロラが発生するということでした。

普段から太陽で小爆発は発生しているため、北極や南極のような磁力が強い限られた場所でオーロラが観測されるのですが、今回太陽で大きい爆発が発生したということで各地でもオーロラが観測できるようです。

太陽フレアが発生したのは2024年5月8日からで、そこから3日後の11日頃からオーロラが観測されていました。

このことに関しては、宇宙航空研究開発機構(JAXA)でも発表されており、

太陽から地球まで太陽風が到達するまでに2日~3日掛かる

とのことでした。

引用元の記事は以下の載せておきます。

太陽風は、平均で3日かかって地球に到達します。地球周辺の空間は、地球磁場とプラズマで囲まれていて、磁気圏と呼ばれていますが、太陽風は磁気圏の磁場やプラズマと相互作用して、エネルギーや運動量を磁気圏に絶えず注入しています。

JAXAの太陽風情報

太陽フレアのオーロラが見れる場所はどこ?

結論から言うと、太陽フレアによるオーロラ観測は北海道を中心に観測情報が出ていました

特にと十勝陸別町では、低経度オーロラの観測地として有名であるため、天文台には1000人もの観測者が訪れたそうです。

そんな陸別町でも2023年に20年ぶりにオーロラが観測できたということなので、今回の太陽フレアの観測地としては日本で一番ではないかと考えられます。

ただし、陸別町以外にも観測情報というのが見つかっておりSNSの情報を見ると以下の地域でも観測されていることがわかりました。

北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、栃木、長野、群馬、新潟、富山、石川、福井、兵庫、愛知

ただし、これはあくまでSNS上で観測できた書き込みがあった場所になります。

おそらく他にも観測できる場所はあるとは思います。

少なくても、北海道・東北・中部などでは観測できるのは確実に言えますね。

どうやら関東は厳しいとのことです…

太陽フレアのオーロラの目撃情報をまとめ

北海道地方のオーロラ情報

北海道の方では、各地でどこでも観測情報が確認できました。

話題になっている紫のオーロラだけでなく、緑のオーロラも観測情報がありました!

緑から紫に変化するようですね!

東北地方のオーロラ情報

青森、秋田、岩手など東北北部での観測情報は確認できました。

私的には、秋田県男鹿市にある寒風山(かんぷうざん)のオーロラなんか素敵だなあと感じました。

関東地方のオーロラ情報

実は関東の方でも、栃木県や茨城県などでも観測されているようです。

東京でも、ギリギリ見えたという情報もあるので確実とは言えないですが、観測情報はいくつかありました。

中部地方のオーロラ情報

中部地方では、石川、新潟、福井などで観測されています。

素敵な写真も多く、ちょっと薄暗くなってきたあたりから観測できるようです。

関西地方のオーロラ情報

兵庫県や京都の北部の方で観測情報がありました。

確実に見るとすれば、兵庫県の北部にある香美町(かみちょう)という場所がいいようですよ。

まとめ:太陽フレアのオーロラ観測

太陽フレアによるオーロラ観測についてまとめてみました。

調べてみると、北海道だけでなく東北や一部の関東や中部地方など観測が確認できました。

いつまで見られるのかは明確になっていないので、珍しい現象なのでぜひ観測したいですよね。

参考になれたら幸いです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次